実は5月にコケた時の肩の痛みがまだ残っていたのでやっと整形外科へ。
行って待って、肩のレントゲンを撮影して、また待って……あいかわらず病院というところは待たされるよなぁ。
やっぱり11bとかぶち込んでもらってPDAとかでネットサーフィンして待ちたい気分だ(笑)
 
で、医者に肩をぐるぐる回されたり捻られたりして"イテテテテ"としながら診察。どうやら今度は肩の健がヤバいらしい。程度が悪くなければ放っておくとかちょっと注射するとかで済むらしいのだが、程度が悪いと外科手術。そこで程度がいいのか悪いのかを調べるのにどうするかというと、核磁気共鳴画像診断装置を使うそうです。あり体にいえばMRIっていうやつね。
診察料が7000円くらいかかるとか、この病院にその設備が無いので紹介状書くとか、イロイロ面倒そうだけど滅多に体験できない強磁場なので二つ返事で紹介状を書いてもらう。
 
いままで画像診断装置はレントゲンと腹部エコーしかやったことがなくて、デカくてやけにスムージングが行き届いた真っ白なCTとかMRIとかは未体験。早速家に帰ってググってMRIのイロハを勉強。いわゆるドーナツ型のヤツは1〜1.5テスラ、1テスラが10000ガウス、ピップエレキバンが1000ガウスだからその10倍以上の磁場……つったってよーわからんわい。さしあたって心配なのは歯の詰め物くらいだけど、まぁそのくらいは考慮してくれるだろう。まさか歯の詰め物が磁気を帯びて吹っ飛んだり顔ごと持っていかれたりとかしないよな(笑)
 
来週の月曜に診断なのでワクワクして待つ事にしよう。
 
今日、竹シーツっての買ってきたけど、これもいいなぁw